文科省・新着情報

文部科学省では、高校生の就職問題に適切に対処するための参考資料を得るために、令和6年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況を調査し、このほど、令和5年10月末現在の状況を取りまとめましたので、公表いたします。

<調査内容>

1.調査対象

  国立、公立、私立の高等学校(全日制・定時制)

2.調査項目

  学科別(国立、公立、私立の別)の就職内定状況  都道府県別(県内・県外別)の就職内定状況

<結果の概要>

1.就職内定率(就職希望者に対する就職内定者の割合)

  就職内定率(就職希望者に対する就職内定者の割合)は、77.2%(前年同月比 1.1ポイント増)

 ○男女別

   男子 77.8%(前年同月比 0.8ポイント増)    女子 76.0%(前年同月比 1.4ポイント増)

 ○学科別(就職内定率が高い順)

   「工業」 88.4%、「看護」 88.1%、「商業」 82.8%、「水産」 80.7%、
   「農業」 79.2%、「福祉」 78.6%、「情報」 78.3%、「家庭」 78.1%、
   「総合学科」 75.0%、「普通」 64.1%  
  ※「その他」の学科は除く。
  ※「看護」に関する学科は看護師5年一貫課程が主となるため、5年課程5年次の就職内定率を示している。

 ○都道府県別

    就職内定率の高い県:
         愛知県  89.1%、富山県  87.9%、三重県  87.0%、
         山口県  86.2%、岐阜県  85.0%、佐賀県  84.9%

    就職内定率の低い県:
        沖縄県  49.1%、北海道  60.4%、高知県  62.9%、
        千葉県  65.1%、神奈川県  66.4%、青森県  70.3%

<今後の対応>

令和5年12月末現在の高校生の就職内定状況を調査し、その状況を注視しながら、必要に応じて厚生労働省と連携した就職支援を行う。

お問合せ先

初等中等教育局児童生徒課

キャリア教育推進係

発信元サイトへ