首相官邸・新着情報

 令和3年11月25日、岸田総理は、総理大臣官邸で月例経済報告等に関する関係閣僚会議に出席しました。

 11月の我が国経済の基調判断として、現状については「景気は、新型コロナウイルス感染症による厳しい状況が徐々に緩和されつつあるものの、引き続き持ち直しの動きに弱さがみられる」としています。また、先行きについては「経済社会活動が正常化に向かう中で、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、景気が持ち直していくことが期待される。ただし、供給面での制約や原材料価格の動向による下振れリスクに十分注意する必要がある。また、感染症による内外経済への影響や金融資本市場の変動等の影響を注視する必要がある」としています。

発信元サイトへ