総務省・新着情報

2021年度 総合職技術系官庁訪問

総務省総合職技術系では、下記のとおり官庁訪問を実施します。総務省では、試験区分にとらわれずに、人物本位の採用を行っております。
1. 対象者
・2021年度総合職試験(院卒者・大卒程度)における合格者(技術系の全区分)
・2019年度及び2020年度総合職試験(院卒者・大卒程度)における合格者(技術系の全区分)
のうち、2022年度の採用を希望する方が参加対象です。
2. 期間
新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、2021年度総務省総合職技術系官庁訪問は、参加者の移動及び密集に十分に配慮した上で、以下の方針にて実施します。

・第1クールは全面オンラインで実施します。
・第2クール以降は原則対面による面接を実施します。ただし、ご希望によりオンラインでの実施も可能です。
・第3クール以降は原則対面による面接を実施します。

※オンライン/対面といった面接方法の違いにより、評価に差がつくことはありません。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、オンライン実施に変更する可能性もありますので、予めご承知おきください。
※対面による面接は、東京都千代田区の総務省本省庁舎において実施します。詳細な集合先については、第1クール開始後に個別にお伝えいたします。
 

事前予約開始:  6月14日(月) 9:00  
官庁訪問開始:  6月23日(水) 9:00  
第1クール:
 
6月23日(水)~6月25日(金)
※オンライン面接にて実施
(3日間)
第2クール:

 

6月28日(月)~6月30日(水)
※原則として対面による面接を実施
 ただし、希望に応じてオンライン面接も可
(3日間)
第3クール:
 
7月1日(木)~7月2日(金)
※原則として対面による面接を実施
(2日間)
第4クール:
 
7月5日(月)
※原則として対面による面接を実施
(1日間)
第5クール:
 
7月6日(火)
※原則として対面による面接を実施
(1日間)
内々定解禁: 7月6日(火)正午以降  

※官庁訪問の詳細については、人事院の2021年度官庁訪問ルール(概要)も併せてご覧ください。 
3. 予約方法
官庁訪問への参加を希望される方は、事前にメールにて予約をお願いします。

【予約期間】6月14日(月)午前9時~
※予約は先着順となります。
※既に枠が埋まっている場合、訪問日時の変更をお願いする場合があります。

上記の予約期間に、以下の必要書類(1)(2)を添付の上、【訪問希望日】及び【人事院試験の受験番号】(※2021年度試験受験者のみ)を記載したメールを、こちら(メーラーが開きます)から送信、またはrecruit_tech@ml.soumu.go.jpまで送付してください。
(迷惑メール対策のため、@を大文字にしています。送信の際には小文字の@にご修正ください。)

【必要書類】

(1) (共通)エントリーシート
こちらからダウンロードいただき、記入・写真添付の上、ご送付ください。
(2)  (既合格者の方)国家公務員採用総合職試験への最終合格を確認できる書類

 
未合格の方は、事前予約のメール中に受験している試験の区分を記載の上、6月21日(月)の最終合格発表後に別途書類をご提出ください。

 
「最終合格を確認できる書類」としては、最終合格通知書のスキャンデータ又は自身の受験番号が記載された書類と最終合格者の受験番号表示画面のスクリーンショット等をご送付ください。

【メール例】
件名:【予約】総務省官庁訪問事前予約(総合職技術系)
本文:○○大学に在籍しております○○ ○○です。
   初日の訪問は6月23日(水)を希望します。
   国家公務員採用総合職試験は本年度受験中です(院卒者試験 ○○区分)。

事前予約のご連絡をいただいた方には、ウェブ面接実施方法の詳細をご連絡いたします。6月22日(火)10:00を過ぎても連絡が届かない場合、下記の問合せ先電話番号までご連絡ください
4. オンライン面接の実施方法について

オンライン面接の会議システムとしては、WebEXを使用します。ついては、事前にWebEXへの接続環境のご用意をお願いいたします。

なお、訪問する方の事情によりオンライン面接を行うことが困難な場合には、必要な対応方法を検討した上で実施しますのでご相談ください。

また、日程や実施方法については、新型コロナウイルス感染症防止対策に係る状況によって変更することがあります。

5. 問合せ先

官庁訪問及びその実施方法に関するご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。
総合職技術系採用担当(電波政策課内)
TEL:03-5253-5873
E-mail:recruit_tech_atmark_ml.soumu.go.jp
※スパムメール対策として「@」を「_atmark_」と表示しています。送信の際には「@」に変更してください。

発信元サイトへ