厚労省・新着情報

ワクチン開発と見通し

 一般に、ワクチンの開発は、基礎研究、非臨床試験、臨床試験の大きく3つのステップで進められていきます。その中で、候補物質の探索、有効性・安全性の確認、品質を担保しつつ大量生産が可能かどうかの確認などを行う必要があり、開発には一般に年単位の期間がかかります。
 
 現在、新型コロナウイルス感染症のワクチンについては、早期の実用化を目指し、国内・海外で多数の研究が精力的に行われています。通常より早いペースで開発が進められており、既に臨床試験を開始しているものもいくつかあります。海外においては、ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社が、第3相試験で、開発中のワクチンを投与した人の方が、投与していない人よりも、新型コロナウイルス感染症に発症した人が少なかったとの中間的な結果などを発表しています。

ワクチンの種類

 国内・海外において、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチン、メッセンジャーRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチンなど様々な種類のワクチン開発が行われています。
 
 不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンは、不活化した新型コロナウイルスの一部やウイルスの一部のタンパクを人体に投与し、それに対して免疫が出来る仕組みです。
 
 メッセンジャーRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチンは新型コロナウイルスの遺伝情報をそれぞれメッセンジャーRNA、DNAプラスミドとして、あるいは別の無害化したウイルス等に入れて、人に投与するものです。それが、人の細胞に入り、ウイルスのタンパク質を作ることによってウイルスのタンパク質に対して免疫が出来る仕組みです。

 

現在の国内でのワクチンの開発状況<主なもの>

国内では数多くの企業や研究機関がワクチンの開発や生産体制の整備に取り組んでいます。


2月24日更新 [PDF形式:170KB]

 

現在の海外でのワクチンの開発状況<主なもの>

海外では数多くの企業や研究機関がワクチンの開発に取り組んでいます。

2月24日更新 [PDF形式:162KB]

 

海外で開発されたワクチンの確保に関する取組

日本政府は、海外ワクチンが実用化された際には、日本国内に供給できるように、海外の企業等と協議を進めています。現在、協議や合意が公表されているものについては以下をご覧ください。


 
1月20日更新 [PDF形式:942KB]

 

生産体制整備の支援

 
 
 海外で開発されたワクチンを日本国内で生産、充填する設備の整備について、ワクチン生産体制等緊急整備事業等を通して支援を行っています。具体的な採択結果、支援は以下の通りです。

新型コロナウイルスワクチンの早期実用化に向けた厚生労働省の取組

ワクチン開発「加速並行プラン」では、研究や生産までの全過程の加速化を支援しています。

9月8日更新 [PDF形式:606KB]

 

その他の情報

  
  感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)

  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する研究開発支援について(まとめ) (国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)ホームページ)

発信元サイトへ